安城市歴史博物館

江戸の遊び絵づくり

会 期
2020年10月3日(土)~11月15日(日)

観覧料
500円(※中学生以下は無料)

 江戸時代、庶民も楽しめる娯楽として爆発的に広まった浮世絵。美人画、役者絵、風景画といったジャンルがよく知られていますが、さまざまに展開された江戸の出版文化を代表する浮世絵の魅力はそれだけにとどまりません。今回の展覧会は、遊び心ある造形を見せる多様な浮世絵に注目し、それらを特色別に「寄せ絵」「判じ絵」「組上絵」などに分類しながら、機知とユーモアにあふれた「遊び絵」として紹介します。
また、影絵や判じ絵などの楽しみ方を体験できるコーナーも設け、見て・読んで・触れて、幅広い年齢層の方々に江戸庶民の遊び心を楽しんでいただける展覧会です。

主 催
安城市歴史博物館・中日新聞社

  

企画協力
株式会社アートワン

安城市歴史博物館サイトはこちら→詳細ページ
【問合せ】安城市民ギャラリー ☎0566-77-6853

<< 戻る